Skip to content

矯正歯科の学校 Posts

矯正歯科治療の始めかたと費用感

Posted in 矯正歯科

矯正歯科治療をこれから始めようと思う方のために、矯正歯科治療の基礎知識をご案内いたします。

 

■矯正歯科医院の選び方、どんな歯医者がおすすめなのか

矯正歯科は専門治療です。

できれば腕の良い先生に診てもらいたいものです。

選び方のポイントとしては下記の4項目を確認してみましょう。

 

1、口コミなどで矯正歯科治療の臨床経験が豊富な医師を選ぶ
2、治療前に、料金について詳しく説明してくれる医院(総額と追加費用など)
3、質問に対して快く答えてくれる先生であること
4、診療時間や立地が通いやすく自分に合っているかということ

 

この4項目をクリアできる医院を選ぶと後悔がありません。

歯科医師はその臨床経験によって腕前が変わります。

特に歯科矯正は特別な治療なので、経験豊富な先生にお願いしたほうが綺麗に歯を直してくれます。

歯医者選びは口コミでいろいろな人の体験談から複数のお医者さんを選んで、複数の医院に行って相談してから絞り込むのがおすすめです。

特に料金の事は不透明な医院が多く、後から追加費用を請求されたりなどのトラブルもあるので納得いくまで質問して、またそれに答えてくれる先生を選びましょう。

 

■矯正歯科治療はいくらぐらいかかるの?

基本的な平均の治療費をご紹介します。

もちろん人それぞれですのでこれに当てはまらない場合もありますので、参考までにご確認ください。

基本的にかかる費用は下記の6項目です。

 

1、初診料 3,000円~5,000円程度
2、検査、診断料  30,000~50,000円程度
3、装置装着料 3~6の費用の仕組みは、医院によって異なります。
4、治療費(チェック料)
5、保定装置料
6、保定観察料

 

特に不透明なのが装置装着料と治療費です。

費用の目安として、歯の表側につける治療の場合は70万~110万と言われています。

また歯の裏側につけて表から見えない治療の場合は110万~150万ほどと言われています。

お子様の場合は治療費が変わりますので、費用については細かく医師に相談してみましょう。

矯正歯科治療の流れ

基本的な治療の流れは下記の通りです。

 

1.初診(相談・カウンセリング)

歯科医師に歯を見てもらい、治療の方針や、注意事項のカウンセリングをうけます。

またこのときに疑問や不安点や金額などの相談もしておきましょう。

 

2.検査

検査では歯型の採取やレントゲン撮影などを行います。

検査で出た結果をもとに、治療計画や料金を決めていきます。

 

3.診断~契約

前回の検査結果をもとにして、治療計画を決定します。

企保的にはこの治療計画に同意してから契約を結ぶ医院が多いようです。

まだこの時点では支払いは確定していないので、不安な事はすべてここで疑問解消しておきましょう。

ここでモヤモヤしたまま進むと、後々不満になってしまいます。

契約内容を確認し、契約書を交わします。

この契約書には治療内容の明細が記載されていますので、大事に保管しておきましょう。

 

4.治療スタート

きめた治療計画を元に治療を開始していきます。

患者によっては、未治療の虫歯や歯周病を先に治療してから補助装置を付ける流れになります。

また、契約した医院が歯科矯正治療専門医の場合は、別の歯科医にかかってから治療を開始します。

 

5.矯正装置装着と経過観察

いよいよ矯正装置を装着します。

装着後は歯磨きのコツなどの歯磨きのブラッシングの指導をうけます。

成人の場合は2~3年かけて装置を装着するため、経過観察のために何度か通院します。

通院は1か月の1回か2回ほどです。

 

6.矯正終了

矯正が完了し、装置をはずします。

その後歯が戻らないように保定装置を付けるよう指導をうけます。

保定装置は医師のアドバイスに合わせた期間装着し、そしてやがて保定装置も使用しなくなり、矯正が終了となります。

 

■最後に

矯正歯科治療は最長で3年ほどはかかる長期的な治療です。

ゆっくり歯を矯正することで、骨への負担を軽減する必要があるためこのような長期プランとなっています。

お金もかかる治療法なので、医師とのコミュニケーションはしっかりして納得できる歯科医院を探しましょう。

 

参考:矯正歯科治療の専門情報サイト | 矯正ライフ

美しい歯並びによる口元のEライン

Posted in 矯正歯科

矯正歯科治療を行う事で、顔の輪郭や横から見た輪郭が適正なものに治療していくことができます。

美容整形などに興味がある女性が、まずは歯の矯正を進められるというようなエピソードもあるぐらい、歯並びは美とも結びついています。

 

■美しい横顔の「Eライン」基準

皆さんは横から見た人の顔の「Eライン」と呼ばれるものをご存じでしょうか。

鼻の先と顎の先を結んだ線の事を、エステティックライン:Esthetic line、略してEラインと呼びます。

顔貌の美しさや調和を評価する基準で、矯正治療で改善することができるものなのです。

このEラインを発表したのは美容外科医ではなく、もともとは矯正歯科医であるDr.ロバート・リケッツ氏です。

彼が定義したこのEラインは美しい横顔の定義として、全世界で広がりました。

上下の唇がEラインに触れずに、少し後ろの位置にある事が好ましく、理想的であるとされます。

 

■日本人のEラインは

日本時は、一般的に欧米人に比べて鼻筋が低いため、海外のEラインの定義と若干異なります。

日本時の場合のEラインは、上下の唇の先端がEラインに接した状態を好ましいとされています。

 

■歯並びが悪いと、どのような横顔が多いのか

歯並びが悪いと、下顎が突き出て見えたり、魚のように口元がすぼんで見えたりすることがあります。

ご自身の顔の輪郭にコンプレックスをお持ちの方の多くは、実は顔そのものの造形が悪いというよりも歯並びが悪く輪郭が歪んでしまっている場合があるのです。

これらが原因の場合は、顎の噛み合わせや前歯のでっぱりを矯正することで、見違えるように顔の輪郭が変わります。

顔の輪郭の歪みに悩んでいる方は、美容整形専門医に相談する前に、歯科医に相談してみるのもよいかもしれません。

 

■Eラインを美く整えるのには噛み合わせが重要

Eラインが美しくない人は、いわゆる出っ歯と呼ばれる上顎前突の方や、受け口と呼ばれる下顎前突、反対咬合の場合です。

横から見るとこれらの人は、Eラインよりも唇が前にでており、口元が付きだしたように見え美しくありません。

矯正歯科治療をすることで、顎の噛み合わせを直し、Eラインを改善することができます。

矯正治療はこのように、歯並びや噛み合わせだけではなく、横顔などを好ましい形に改善することができます。

美容整形を目的に顎の骨を削って小顔にしたい、という大がかりな手術の前に、まずは矯正歯科治療を受けてみる事で顔全体の印象が大きく変わる事もあります。

ただし、Eラインの治療は噛み合わせを綺麗にすることのみで改善されるとは限りません。

鼻の高さや、顎の骨などの骨格的な要因がある場合は、矯正歯科治療のみでの改善は難しいと言えます。

Eライン改善についてが治療の最大の目的の場合は、歯科医師や美容整形外科医に相談し、よりよい治療方法のアドバイスをもらいましょう。

 

参考:札幌市の矯正歯科なら円山さくらぎ矯正歯科

矯正歯科治療のリスクについてご心配な方に

Posted in 矯正歯科

矯正歯科治療を始める前に、あらかじめリスクや注意点についてご紹介しておきます。

知っている事で逆に不安をぬぐう事ができますので、あらかじめリスクを確認し、それでも不安や心配な場合は担当医に相談しましょう。

 

■矯正歯科治療の良くあるリスク

 

1、虫歯(う蝕)、歯周炎・歯肉炎の発生

矯正治療を開始するまえに、虫歯や歯周病などのケアは事前に行います。

ですが、矯正装置を歯に取りつける事で普段の歯磨き方法のままでは汚れを綺麗に落とす事ができません。

しっかりブラッシングをしなくては、歯と矯正装置の間に汚れがたまり、それが原因で

虫歯になったり、歯周病や歯肉炎を発生したりするリスクがあります。

これらを回避するには、必ず歯科医師からレクチャーを受ける歯磨き方法を正しく守る事です。

普段から歯磨きが適当な方は、これらのリスクが高まりやすくなりますので、歯磨きは丁寧に行いましょう。

 

2、歯根吸収 [しこんきゅうしゅう]

矯正をするときの力が強すぎると、歯の根が短くなる歯根吸収とうリスクが考えられます。

これは歯科医師の経験にもよるため、できるだけ臨床経験の多い歯科医師を選ぶ事で回避しやすくなります。

 

3.治療期間の延長

人によりますが、噛み合わせや歯並びの悪さの度合いなどによって治療が平均的な治療時間より長くなるリスクがあります。

そのため当初の予定よりも治療費がかさむ場合があります。

 

4.皮膚の炎症・アレルギー

治療に使用する矯正装置には金属素材が使用されます。

そのため金属アレルギーを発生するリスクが考えられます。アレルギーをお持ちの方は事前に皮膚科などでパッチテストをうけてどのような金属アレルギーを持っているか確認しておきましょう。

担当の歯科医にはアレルギーをしっかり報告し、治療方針を相談しましょう。

 

5.治療中の痛み

矯正装置を装着すると、歯に居れたワイヤーで内側の唇を傷つけたり、ゆっくりと骨を動かす事によって生じる痛みによって、物が食べられなくなったりと、様々な痛みを感じます。

ですがこれらはずっと感じる痛みではなく、一時の事ですので、あまりにも痛みが続く場合(1か月の間痛みが取れないなど)は担当の医師に相談しましょう。

 

■痛くない矯正歯科治療はありません

最後に、矯正歯科治療は歯を今ある状態から、正しい位置に矯正する治療です。

そのため、歯をゆっくりと移動させるため、どうしてもその治療には痛みが生じる場合が多く、矯正治療の矯正装置を付けて3日間は痛みのあまりに物を噛めない、食事をとれないなどの体験談も多くあります。

しかし、その痛みはずっと続くものではありませんのでご安心ください。

歯の噛み合わせについて正常と悪い噛み合わせとは

Posted in 矯正歯科

矯正歯科治療は、噛み合わせも考えて治療を行います。

歯並びには、良いかみ合わせと、悪い噛み合わせがあります。

一見歯並びがよさそうに見えても、噛み合わせが悪いと日々の食事でも難儀しますし、場合によっては顔が歪んでしまったりします。歯は綺麗に並んでいるだけではなく、上顎と下顎の噛み合わせも気にしなくてはいけません。

矯正治療によって改善できるものなので、噛み合わせが気になる方は一度歯科医師に相談してみましょう。

矯正歯科治療は、前歯などの見た目の矯正のみならず、奥歯の噛み合わせも考えて治療を行います。

 

■正常な噛み合わせの歯はどういうものか

正常な噛み合わせは、ぎゅっと噛み締めた時に左右で隙間なく上顎と下顎が噛み合う状態の事を言います。

顎の関節としても問題がなく、右に動かしたときには左の歯が当たらず、左に動かしたときもまた、右の歯が当たらない状態です。

また前に動かしたときに奥歯が当たらない噛み合わせが理想的です。

また口を開いた時に顎に負担がかからず、自由に開閉できるべきです。

自分で下顎を右に動かしているのに、実際は左に動いてしまったりするときなどは、あまり良い噛み合わせではありません。

上の歯並びは馬蹄形に近いもので左右対称であるべきです。

特に人の目につきやすい前歯などですが、真ん中の位置がそろっていると美しい歯並びと言えます。

具体的には唇の裏側にある筋が、前歯上下ともそろっていると理想的で美しい歯並びとなります。

 

■悪い噛み合わせの歯とはどのようなものか

歯が一見綺麗に並んでいても、顎の関節内で下顎の位置が悪いと、噛み合わせが悪いと言えます。

そのため、口を開けた時や閉じる時に、顎がカキッと鳴ったりする人もいます。

このような場合は噛み合わせは良くありません。治療していただいたほうが良いでしょう。

歯並びがなぜ崩れるかというと、成長発育期に姿勢が悪かったり、左右で極端に体制が違うスポーツをしていたりすると顎の噛み合わせにもその歪みが影響すると言われています。

頬杖をついているだけでも歯並びは崩れてしまいます。

このように噛み合わせの要である顎は、姿勢や骨格バランスとも影響しており、歯だけを治療しても元の原因でもある体が歪んでいてはまた歯並びがずれてくる事もあります。

矯正歯科治療の具体的な流れについて

Posted in 矯正歯科

ここでは矯正歯科治療の具体的な流れについてご紹介いたします。

これから治療を始めたい方や矯正歯科治療ってどういう事をするのか、わからないと不安に思われる方はご確認ください。

大きな流れはざっと下記の4項目です。

 

・相談
・契約
・矯正治療
・保定・治療後の経過観察

 

これらの項目に沿って治療を行うのが通常です。

医院を選ぶときや、治療方法のトラブルを回避するためにも大まかな流れは知っておいても損はありません。

 

■治療の流れの詳細

 

1、初診相談しよう!(目安30分~60分)

初診でカウンセリングをまずは受けます。

具体的な内容は、歯科医師より治療の開始時期や治療方法などを説明されます。

また、予測される装置・方法、治療期間や、重要な費用の大まかな予算感なども伝えてくれます。

小中学生、高校生の方は、保護者の方同伴で初診を受けるようにしましょう。

 

2、精密検査を受けよう!(目安60分)

まずは矯正の診断に必要な歯のデータを収集します。

基本的にはレントゲン写真や、頭部X線規格写真などの撮影です。

この精密検査を受けて、初めて具体的な治療方法を計画していきます。

 

3、治療計画の説明を受けよう!(30分~60分)

精密検査を受けた結果をもとに、歯科医師より治療計画の説明を受ける事ができます。

ここで具体的な治療費なども産出できます。

またどのくらい期間がかかるかなど、治療方法のメリットやデメリットまで気になる事はこの場で確認しましょう。

 

4、治療開始と歯磨き指導を受けよう!

いよいよ矯正治療の開始です。

装置を接着し、治療を進めていきます。また、装置を接着した後は通常の歯磨き方法とは異なります。

虫歯にならないように、しっかり矯正中の歯磨き方法を指導してくれます。

 

5、通院して治療をうけよう!

装置を装着した後は、歯の具合を見るための装置装着動的治療が開始されます。

3週間から一か月のペースで通院が必要となります。

矯正の度合いによって、通院の回数は人さまざまですので治療計画に沿って通院しましょう。

 

6、保定(1.5~2.5年)

装置が取れた後、何もしないでいると少しずつ歯が元の場所に戻ろうとして動いてしまいます。

そのため、治療した歯をキープさせるための保定装置を装着します。

通院は2か月から6か月に1度です。